絆コンサルティング株式会社のブログです。

中小企業の経営者は知らないと痛いニュース 絆コンサルティング株式会社

Vol.118 米国の保護主義が進むとどうなるのか?

2017年1月23日 月曜日
 保護主義とはご承知の通り、国内の産業を保護するために、国家が外国貿易に干渉することです。 トランプ大統領はアメリカが大きな貿易赤字を抱えており、 そして、中国やメキシコなどに雇用を奪われているのでいるので、それを是正すると言っています。 それでは、具体的に保護主義政策が進むとどうなるでしょうか? まず、国内産業を保護するために関税率を引き上げます。 そうするとアメリカに輸

Vol.117 カルロス・ゴーン社長の経営計画(ビジョン)の立て方

2017年1月16日 月曜日
 現在、日本経済新聞の「私の履歴書」という連載記事で、 カルロス・ゴーン日産自動車社長が自分の人生を振り返っている。 カルロス・ゴーン社長が日産自動車を立て直したのは、とても有名な話だが、 一体どのような経営目標を立て、そして実現させたのか、とても興味深かったので、 過去の資料を調べてみた。 カルロス・ゴーン氏が経営に関与する前の当時の日産自動車は非常に厳しい状況であった。 赤字

Vol.116 置かれた場所で咲きなさい

2017年1月10日 火曜日
    昨年12月30日、作家でノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんが お亡くなりになられた。89歳だった。 生前ベストセラーになった「置かれた場所で咲きなさい」の作者である。 父は1936年の二・二六事件で凶弾に倒れた渡辺錠太郎氏で、旧陸軍教育総監であった。 渡辺さんは当時の様子をこのように記している。 「死ぬ間際に父がしてくれたこと、それは銃弾の飛

Vol.115 新年明けましておめでとうございます

2017年1月4日 水曜日
 明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 私は10年以上前から「致知」という雑誌を愛読しています。 人間学を学ぶことをテーマにした変わった月刊誌です。 東洋思想的な物事の考え方から、今活躍している実業家や文化人などにインタビューしたり、 対談したりして、特集を組むカタチになっています。 「東洋思想的な考えを学んで人間学を磨く」というテーマなので、儒