絆コンサルティング株式会社のブログです。

中小企業の経営者は知らないと痛いニュース 絆コンサルティング株式会社

Vol.143 現場で不祥事が起きる要因

2017年12月19日 火曜日

日本電産の永守会長兼社長は最近の製造業の現場での
品質不祥事について今週の日経ビジネスに持論を展開している。

まず、現場で不祥事が起きる要因を4つを挙げている。

一つ目にこのくらいの不正なら問題ないだろうという「慣れ」

二つ目にどうせわからないだろうという「甘え」

三つ目に成果がなかなか上がらないことによる「疲れ」

四つ目にある部門の問題が他の部門に伝わらない「タコツボ化」

それを防ぐためには経営者が現場に入り浸って
現場に緊張感を持たせる必要があるという。

それは現場の監視をするのが目的ではなく、
現場の強さを引き上げることが目的だ。

また、現在、日本電産は永守会長兼社長が中心になって
3つのキーワードを言い続けている。

経営者が現場と一緒になって問題を解決する「ハンズオン」

現場のあらゆる課題を経営者が判断する「マイクロマネジメント」

権限移譲はするが放任はダメという「任せて任せず」

製造業を営む中小企業にとっても重要なキーワードだ。

(経営コンサルタント 花房 大輔)