企業再生コンサルティング

経営が困窮している企業にとって、資金繰りの問題がすべてと言っても過言ではないでしょう。
そのような状況に追い込まれた経営者は、お金のことばかり考えてしまい、精神的に不安定な状態に陥ります。

そして、考え方が後ろ向きになり、より不安や焦燥にとらわれ、その結果ますます不安が生じ…
という悪循環(負のスパイラル)の中に入ってしまうのです。

私たちは経営者と一緒になって、会社の経営改善に取り組みます。
事業計画書の作成だけではなく、実際に経営者の右腕となって事業運営をサポートします。

私たちがコンサルティングに着手する際、まず、最初にすることは「経営実態の把握」です。
資金繰り表の作成から始まり、貸借対照表の精査、収益構造の分析などの財務分析はもちろん、
外部環境の調査、業務フローの把握、マーケット分析などの事業分析も行います。

現状の実態が分かった段階で「問題点の抽出」を行います。問題点を明確化することによって、
頭の中でモヤモヤしていたものがクリアーになるでしょう。

そして「解決策の検討」に入ります。経営者が常日頃から考えていたアイデアや解決策を
経験豊富な経営コンサルタントの意見を交えて、ブラッシュアップしていきます。

単なるリストラではなく、どうすれば「売上げを上げることが出来るのか」「どうすれば利益率を上げることができるのか」という視点で解決策を練っていきます。

次に「事業計画書の策定」です。
解決策を具体的な数値に落とし込んで、事業計画書を作成していきます。

通常は現状の実績を元に計画を組んでいきますが、私たちはそれとは別に、5年後、10年後の目標を設定した上で、そのゴールから逆算した事業計画書も策定します。そのほうが未来志向だからです。

そして、最後に「事業計画書の実行支援」です。
アクションリストを作成し、PDCAを回し、ひとつひとつ実行します。

私たちは収益構造の見直しを図り、”なぜ儲かっていないのか”、そして”どうすれば儲かるのか”
経営陣と一緒になって考えます。

そして、原価管理体制の構築、販売促進活動の支援、資金調達のサポートなどを行い、経営者と一緒になって
収益構造の改善のお手伝いをします。

具体的な個々のケースでは、これらを考慮しながらお手伝いをしていきます。
お客様に合った対策や対処方法を、私たちの経験と知識で、全面的にサポートいたします。