資金調達サポート

資金繰りが厳しくなってきたら、まずは銀行に借入れの相談をすることになりますが、
相談した銀行の担当者から「信用保証協会の枠が一杯なんで、これ以上のご融資は難しいかもしれません」
と言われたら、あなたはどうしますか?

信用格付けや債務者区分という専門用語を言うまでもなく、
業績が悪くなって、債務超過に陥っている企業や、何の取引実績や担保もないベンチャー企業に対して、
お金を融資することは、銀行として非常に勇気のいることです。

また、借入れではなく、返済条件の見直しをお願いした場合(=リスケジュール)も、当然その後は、
銀行からの新規のお借り入れが難しくなります。

それに加え、借入れの多い企業は、銀行からお金を借りて、そのお金で借金を返済しているので、
業績が回復しない限り、資金繰りは改善しません。
つまり、銀行の毎月の返済を止めたからといって、お金がドンドン貯まっていくことはありません。

また、業績が回復していきますと、仕入れが増えたり、人を増やしたり、新たな設備投資が必要になってきますので、資金が逆にドンドン不足していきます。

ではどうしたらいいのでしょうか?
ひとつの方法として、「今の金融取引を見直す」ことです。

例えば、銀行には、メガバンク、地方銀行、信用金庫、信用組合など様々なタイプがあります。
「メガバンクをメインバンクにしてブランドをつけたい」というお考えもあるかもしれませんが、
まずは、自分の会社の規模、業種、地域性などから考えて、もっともふさわしい金融機関と付き合うべきです。

今はどの金融機関にとっても厳しい時代です。仮に、業績が悪くなってリスケをしていたとしても他の金融機関に肩代わりしてもらい、正常先に戻った事例はいくらでもあります。

マイナス金利の影響で債券の運用収益も悪くなり、企業の設備投資の冷え込みで、お金を貸すところも見つからないのが金融機関の実態です。

私たちは、豊富なネットワークの中から、お客様に最適な金融機関、ノンバンク、リース会社、ファンドなどをご紹介したり、一緒に事業計画書を作成して金融機関に説明したりと、さまざまな角度から企業の資金調達をサポートしております。

具体的な個々のケースでは、これらを考慮しながらお手伝いをしていきます。
お客様に合った対策や対処方法を、私たちの経験と知識で、全面的にサポートいたします。