財務戦略アドバイザリー

社内に財務担当者を置くと人件費もかかるし、
そもそもそんな人材はいないというお考えの経営者もいるでしょう。

また、顧問税理士はいるけど、金融機関のネットワークも少ないし、
銀行交渉に立ち会えってくれないと不満を持っている経営者もいるでしょう。

当社は、資金調達や資金繰りを管理する財務部長の代わりに
中小企業の財務を包括的にサポートしております。

主に、金融機関からの資金調達や財務戦略の構築、
そして、事業計画の策定から予実管理まで、中小企業の財務をお手伝いしています。

資金調達に関しては、バンクフォーメーションの最適化(御社にとって最もふさわしい金融機関の組み合わせ)から金融機関、リース会社及びノンバンクのご紹介、そして資金調達の交渉のサポートまでおこないます。

資金繰りの管理に関しては、独自の資金繰り表フォーマットを作成し、
「資金繰りの見える化」を構築します。

また、独自の財務分析で問題点を把握し、財務基盤の改善計画を策定するのに加え、
施策工程表を作成し、PDCAまで落とし込みます。

その後、毎月の係数をモニタリングして、予想と実績の乖離がある場合は、
原因を究明し、問題解決を図る流れになっております。

通常半年間から1年間の顧問契約を結び、財務基盤の強化を図ります。
銀行とのパイプを太くしたい場合は役に立つでしょう。

具体的な個々のケースでは、これらを考慮しながらお手伝いをしていきます。
お客様に合った対策や対処方法を、私たちの経験と知識で、全面的にサポートいたします。